« シャーロック・ホームズ | トップページ | 弊社取締役会長逝去に関するお知らせ(訃報) »

保留と待機

今月号の名古屋市の広報が届いたので、広げてみると来年度の保育園利用申し込み案内が載っていました。

4月から育休復帰の方は特に、いろんな保育園やこども園を見学したり調べたりしている真っ最中だと思います。
今はコロナ禍のために説明会もオンラインで行われたり、見学も十分に出来なかったりするので本当に大変…

私は育休復帰ではなく求職中で「入れたらラッキー!」くらいの気持ちで近所の保育園をいくつか見学して申し込み、初年度は「保留」という結果に。
「新規で開設される小規模保育事業所なら入れます。」と区役所から電話がありましたが、坂道を延々と歩いて30分以上かかるところ。
車での送迎を考えていない我が家にとっては難しいので辞退することにしました。
そんなケースだと「待機児童」ではなく「保留児童」の扱いになってしまうのです。
区役所に聞くと「名古屋市は待機児童はいません」と当時言われましたが、保留児童はいっぱいだったと思います。

先日の福岡県中間市の双葉保育園での事故をニュースで見て「安全な場所に子供を預けたい。」と思っていても保育園不足だとなかなか希望のところには入れません。

どうか子供たちが安全に、親たちも安心して預けられる保育施設が全国に広がりますように。

 

本社スタッフ:H

 

« シャーロック・ホームズ | トップページ | 弊社取締役会長逝去に関するお知らせ(訃報) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シャーロック・ホームズ | トップページ | 弊社取締役会長逝去に関するお知らせ(訃報) »