« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月

にわかファン

コロナウイルスが蔓延する中、いつの間にかオリンピックが開催していました。

リアルタイムでの競技は見ていないのですが、

朝や夜のニュースで白熱した試合をハイライトで観戦。

〇〇選手がんばったな・・・、感動する試合だな・・・とちょっとした、にわかファンと化している私です。

コロナに感染せず選手の方々が悔いの無いように競技してほしいと願うばかりです。

東京支社:I

バックグランドチェックは、株式会社産通までお問合せ下さい。

部活イヴェント

連休中、大学時代の友人宅、庭でB.B.Qをした。水泳部の仲間たち5家族が集い大騒ぎ。その後は庭から続く

大広間でカラオケ大会を思い切り楽しんだ。自分は東京出身で大学は自宅通学だったが、地方出身者が多く、

所属していた体育会系水泳部は愛知出身者が多かった。配偶者の転勤で名古屋に来て一番のメリットは水泳部の悪友たちと

近くなったことだ。集うたび、学生時代のノリで大いに盛り上がり、思い切り大笑いをして、元気を取り戻せる。

大切な仲間たちだ。次回のイヴェントが今から楽しみだ。

名古屋本社 Y.K.

バックグランドチェックは、株式会社産通までお問合せ下さい。

「料理と利他」

先日天狼院書店で出会った一冊

「料理と利他」

 

子育てがひと段落し、殆ど夫婦二人の食生活となった今、料理へのモチベーションは下がるわ、食材は余るわと迷走中。

そんな中、料理研究家の土井善晴さんと、東京工業大学教授で政治学者の中島岳志さんが「料理と利他」を考えるという、何やら異色な組合せが目に留まった。

 

日常を生きること、料理して食べることが、自然や地球とつながり、利他と地続きだったとは驚きだった。

和食の基本は素材を生かすこと。それは自然との接し方のように思える、と土井先生は伝えている。 

食べることや、人やもの、日常の過剰も引き算すると、「ねばならない」から解放され、

少し力を抜いて、その先にある人や自然、その先の地球の大切さ、ありがたさをを考えることが出来る。

そんな事を気付く良い機会になった。

 



 

名古屋スタッフK

 

バックグランドチェックは、株式会社産通までお問合せ下さい。

 

 

 

 

無題

緊急事態宣言が発令され、

解除されたらすぐに蔓延防止重点措置が出され、

期間がようやく終わるかと思いきや、再度、緊急事態発令。

しかも今までで最長の期間となるようだ。

その間のオリンピックは無観客だが開催となる。

そんな中、桁違いの感染者や死者が確認されるイギリスでは、6万人の大観衆がマスクなしでサッカー観戦が報告された。

イギリスではワクチン接種が進んでいる事もあり、社会活動の戻す事を優先する方針だそうだ。

私は反体制派でもなく、オリンピックは寧ろ観客入れて開催するべきだと今でも思っている。

でも今の国の方針はどうしても理解できない。

感染者0でも目指しているのだろうか・・・

代表

バックグラウンドチェック リファレンスチェックなら業歴50年の専門会社:株式会社産通へ

プレゼント

県内にあるとはいえ、高齢者の親が住む実家・義実家にはなかなか帰ることが出来ずにいます。

もし私たちが行くことによって取り返しのつかないことになったら…などと考え、自粛中。

実家の父は2回目のワクチン接種も終了、もうじき義両親も2回目のワクチンを接種する予定なので、とりあえず感染予防をして、会いに行ける日を指折り数えて待っています。


というわけで今年は直接母の日・父の日のプレゼントを渡せずじまい。

なので少し前に、プレゼントをオーダーしておきました。

我が家のチビッ子画伯が描いた絵を、刺繍してくれるサービスを利用して巾着を作ってみました。

これは父に送ったもの。

 

16251964306052-002_20210702124901

お絵描きボードに描いた電車が

 Dsc_1124-002

なかなか素敵な仕上がりになりました。
(親バカ??)

 

両実家とも、とても喜んでくれて良かったです。

 


本社スタッフ:H

 

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »