« コロナによる情報発信の変化 | トップページ | キャッシュレス時代における財布の変化 »

マスク生活も一年、、

新年早々、全国の主要都市11都道府県で新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言が行われ、再び2/7までは自粛生活を余儀なくされました。

生活形態が大きく変化する中、マスク生活も1年を経過しようとしています。
先日AMラジオでマスクで顔や口の動きが認識できない事により、幼児や乳児の脳の発達に影響を及ぼすという結果が報道されていました。
私は多言語活動に参加していますが、子ども達のことばの習得プロセスにおいては、家族や友達が話す言葉や口の動きを「真似する」という事がとても大切と言われています。
言葉でのコミュニケーションにおいて、マスクをすることにより顔の表情が見えなかったり、口の動きが見えなかったりしたら、その習得プロセス自体が、上手く進められないという事にもなりかねないですね。。。
いやはや、子ども達だけではなく、私たち大人も気が付いてみたらマスクをしている顔しか知らなかったという対人関係も出てきたり。。。
「やっぱり、顔を見て話したりコミュニケーションを取りたい!」と思うこの頃、しっかり対策を取ってとにかくコロナが落ち着くことを、
そして透明マスクの開発がいち早く進む事を願うばかりです。

 

バックグランドチェック、リファレンスチェックのご依頼は、株式会社産通までお問合せください。

名古屋本社スタッフ:K

« コロナによる情報発信の変化 | トップページ | キャッシュレス時代における財布の変化 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナによる情報発信の変化 | トップページ | キャッシュレス時代における財布の変化 »