« ウィズコロナでいこう | トップページ

変化するビジネス形態において

新型コロナウイルス感染症の影響により、社会やビジネスの形態が大きく変わろうとしている。
政府はこれまで、「世界最先端デジタル国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」をデジタル施策の中心としてきたが、これを見直し、コロナ渦の変化に対応していくための政策を進めようとしている。多様性に価値を見出す「選択すべき未来」の姿ということだ。
テレワークやリモート会議が当たり前となった今、電話よりもメール、会合はZoomなどのWEBミーティング、資料は紙媒体よりもデータ。仕事をする時間や場所も様々となった。
今後のビジネスは、1.いつ、2.何処 の枠組みをはずした戦略を考えていかなくてはならない。

多様化するビジネス形態においては、一層個の判断力や資質が問われるようになる。また、仕事の中身が明確化され、その仕事に対しての人材が求められる事になる。
所謂ジョブ型の採用が加速する事は明らかで、採用する側は応募者のキャリアやスキルをより細かく確認することが必要となる。

アフターコロナを見据えた人事戦略には、バックグランドチェック・リファレンスチェックの導入を。弊社専門スタッフがサポートします。


バックグラウンドチェック・採用調査は株式会社産通までお問合せください。

« ウィズコロナでいこう | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウィズコロナでいこう | トップページ