« payな生活 | トップページ | エレベーター3 »

アメリカ大統領選挙

来月米国で大統領選挙が行われる。先週トランプ大統領が新型コロナウイルスに感染し、もうこの選挙には勝てないかなと思ったが、なんと数日休養したのみで、あっという間に職務に復帰した。今回の選挙は、コロナの影響もあり、米国各州で大規模な集会が行われない等で十分な選挙活動が出来ない。私は、この選挙が民主党奪還のチャンスだと思っていたので、もっと活発な選挙活動をするのかと思いきや、先日行われた大統領候補の討論会でも、バイデン候補の積極性があまり感じられなかった。確かにトランプ大統領が常に話の途中で遮断をする場面が多く、それどころではなったのかもしれない。または、彼は失言が多いと有名で、今回は少々控えめな討論会になったのかもしれない。私個人としては、米国人の良識さを信じたく出来れば民主党に戻って欲しいと思うが、ただ、トランプ氏の中国に対する発言はいささか極端に感じつつも、世界中で協調性を重んじる中、誰もが言えないことを彼が唯一発言している姿に私は一票を投じたい。やはり世界の人口の一割が、新型コロナウイルス感染したというニュースをみると、中国は責任を負う必要性があると思うからだ。もちろんコロナを軽視してきたり、または十分な予防やケアが出来ない各国々の対応にも一理あるが、コロナに打ち勝ったとアピールする中国の報道には、不快を感じる以外何もない。
選挙まで残された時間は少ないが、どちらが勝つか、注視していきたい。


東京事務所 F

バックグラウンドチェックのご用命は、(株)産通までお問い合わせください

« payな生活 | トップページ | エレベーター3 »