« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

「蛇」

神奈川県小田原市は、東京から約80㎞。新幹線・東海道本線・小田急線の他大雄山線という、

ローカル線の始発駅でもあり、終点大雄山には曹洞宗・最乗寺というお寺があります。

知る人ぞ知る古刹で、修行僧も大勢います。冬の朝にはひっそりとした廊下をしめやかに歩く姿を拝められます。

この山には天狗が住んでいて、下駄もたくさん残っています。天狗は時々お参りや遊びに行きます。

以前、池のほとりで鯉を眺めていると、向かい側の人が、私に向かって何やら騒いでいます。

大勢でギャアギャア言っているので、なかなか聞き取れませんでしたが「蛇!」という声が聞こえました。

慌てて茂みから転げ出てひっくり返ったまま池の方を見ると、2m位の蛇が・・・そのまま2秒ほど気絶しました。

神奈川県のはずれで、箱根・丹沢など山も多く、たまに車で蛇を轢くこともあると言います。

道路に横たわった蛇は、ゴットン・ゴットンと2度轢くことになります。

何の用事で横切るのでしょうか・・。 私は蛇が大嫌い!!

 

東京スタッフ I

バックグラウンドチェックのご用命は、(株)産通までお問い合わせください

「エチオピア旅行記~ダロール火山編」

アサレ塩湖から車で30分程でダロール火山に到着する。

ダナキル砂漠の中にあるスコリア丘火山である。海抜マイナス50mで、地上の火山では最も低い位置にある。

緑色の水や黄色の岩肌等、極彩色で一種異様な光景はドラゴンボールに出てくる「ナメック星みたい」とも言われている。この色は酸性の温水や硫黄を含む鉱物と藻類から作り出される。ダロル火山の様子は色々なブログ等でも紹介されているので参考にしていただきたい。

1 2_20201022172901

さて、ここでもやはりガーディアンが同行するが、彼らはこの地方(アファール州)に住む人達で、ガーディアンも結構な観光収入源となっている。アファール族は男性でもスカート状の民族衣装を着用する。

ツアーメンバーのおば様が「スカートの中はどうなっているの?」と聞いたら、ちゃんと短パンをはいていた。

3_20201022172901

その日はワクワクのテント泊。私達観光客は一人用のテントがあてがわれたが、同行したガイドやドライバー等は皆、屋根のない木の寝台で寝ていた。

周りに建物のない砂漠の中なので、満天の星空を堪能することができた。地平線の先から先までずーっと星が見えるのだ。こんな素晴らしい景色の中、酒を飲まない手はない。

冷たいものは望めないので、私はバーボンを携帯していった。さて、飲もうと思った時ハタと気づいた。

「コップを忘れた」

瓶から直飲みも考えたが、そこで水のペットボトルが目にとまった。

ペットボトルの下半分程を切り取って、即席のグラスにして雰囲気良くバーボンを傾けながら夜空を堪能したのであった。

4

東京支社 U

バックグラウンドチェックのご用命は、(株)産通までお問い合わせください

 

エレベーター3

シルバーウィーク明け、新しいエレベーターになっていました!

お休み明けたら、いつも壁に囲われていた方がとてもきれいになって使えるようになり、

今まで使えていた方に囲いが出来ていました。

 

乗り心地、とっても静かで滑らかで、動いていない様です。

今までのアトラクション感とは全然違って、酔う心配もありません。

ただ、静かすぎて、上に行っているのか下に行っているのか、

本当に動いているのか心配になる程です。

実際前回は、上を押しているのに下に行ったりしていたので。。。

 

そして、やっぱゆっくりです!

今までの半分のスピードになったので当然なのですが、

止まっているように感じてしまうのは、静かで滑らかなせいばかりではないみたいです。

ゆっくりになったということは、

来るまで待つ待ち時間が増える→1台に乗る人数も増える→停まる階が増える→来るのが遅くなる

ということで、どんどん待ち時間増えるようです。。。

そして、「1台に乗る人数が増える」

今まで人と乗り合わせることは少なく、

エレベーターでの「密」は気にしたことがなかったのですが、

このコロナ禍において、あのエレベーターはとても有用だったのかもしれません。。。

 

 

本社スタッフ:M

アメリカ大統領選挙

来月米国で大統領選挙が行われる。先週トランプ大統領が新型コロナウイルスに感染し、もうこの選挙には勝てないかなと思ったが、なんと数日休養したのみで、あっという間に職務に復帰した。今回の選挙は、コロナの影響もあり、米国各州で大規模な集会が行われない等で十分な選挙活動が出来ない。私は、この選挙が民主党奪還のチャンスだと思っていたので、もっと活発な選挙活動をするのかと思いきや、先日行われた大統領候補の討論会でも、バイデン候補の積極性があまり感じられなかった。確かにトランプ大統領が常に話の途中で遮断をする場面が多く、それどころではなったのかもしれない。または、彼は失言が多いと有名で、今回は少々控えめな討論会になったのかもしれない。私個人としては、米国人の良識さを信じたく出来れば民主党に戻って欲しいと思うが、ただ、トランプ氏の中国に対する発言はいささか極端に感じつつも、世界中で協調性を重んじる中、誰もが言えないことを彼が唯一発言している姿に私は一票を投じたい。やはり世界の人口の一割が、新型コロナウイルス感染したというニュースをみると、中国は責任を負う必要性があると思うからだ。もちろんコロナを軽視してきたり、または十分な予防やケアが出来ない各国々の対応にも一理あるが、コロナに打ち勝ったとアピールする中国の報道には、不快を感じる以外何もない。
選挙まで残された時間は少ないが、どちらが勝つか、注視していきたい。


東京事務所 F

バックグラウンドチェックのご用命は、(株)産通までお問い合わせください

payな生活

遅ればせながら・・・ついに私も○○payを使用する生活となりました。

去年あたりから知ってはいたけど、今までどのスマホ決済サービスを利用するか決められませんでした。

デビューはどこの店でしようかな・・・まずは近くのヨーカードーへ行きました。

商品を持っていざレジへ!!

「すみません ○○payはつかえません」

「!!!」

入店している店舗によっては使用不可でした。

別のお店ではレジの方に聞いてみました。

「あー○○payですか?つかえー・・・(一覧表をしばしみている)ますね。」

把握はしていない様子です。たくさん種類があるからね・・・。

買い物する前の事前チェックは必須です。

ネットの情報をみると、2020年7月で全国の利用可能店舗数が100万を突破しているのは、

PayPay(ペイペイ)、楽天ペイ、メルペイ、LINE Pay、d払い、au PAYの6つだけとのことです。

マイナポイントも申請してみました。何度もエラーになりましたが出来ました。

なぜエラーになるのか不明でした。シンプルにわかりやすくとは程遠い。

しかし○○payに変えてから、コンビニでの買い物は楽になりました。

特に朝は混むので、小銭を取り出す手間が省けます。

適度に使用してpayな生活に慣れて行こうと思います。

東京支社 I

バックグランドチェック、リファレンスチェックのご依頼は株式会社産通まで

 

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »