« コロナ禍における調査業 | トップページ | payな生活 »

コロナ禍で起こったこと

コロナにより生活スタイルや人との関わり方が大きく変わりました。


私自身は、これまで通り会社に出社しての勤務を続けていますが、週末やアフターファイブに、出掛けたり旅行する機会はなくなり、自宅で過ごす時間がずっと多くなりました。

趣味のランニングは継続して、適度な運動は続けてきたつもりでしたが、一か月程前から腰痛に悩まされ、2週間前からは日常生活を送るのもつらい状況になりました。


ぎっくり腰などこれと言った原因は記憶にないのですが、今考えるとコロナで座っている時間が増えたのでしょう。
確かに山に登ったり、お料理教室に参加する時間はなくなり、その代わりに本を読んだり、息子に進められたNetflixを観続けたりと。。。


閉塞感や不安がある状況下では、自分の一番弱い所にダメージが出るのかもしれません。私の場合は、腰痛がそれでした。

これまで肩こりといった少々の不調は、ヨガやストレッチでリカバリーが出来ると思ってやってきました。
しかしながら、年齢もあるのでしょうか、今回はそうはいかない事態となりました。
整体など幾つか通ってはみました。今は、YouTubeも一つの便利な道具、腰痛体操やストレッチの情報も色々得る事が出来ました。

そこで一つ分かった事は、人に治してもらうのではなく、最適な治療とトレーニングを見つけて、自分で治すしかないということ。


これからも楽しく山登りや旅行に出掛けられるように、
姿勢や重心の置き方、トレーニングの方法を見直しながら、自分の身体と付き合っていきたいと思います。


名古屋本社 スタッフK

バックグランドチェック、リファレンスチェックのご依頼は株式会社産通まで

 

 

« コロナ禍における調査業 | トップページ | payな生活 »