« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

エレベーター

弊社が入っているのビルは約築50年です。

古いですが味があり、なかなかレトロな感じです。

 

しかし、最近のビルと比べると設備面はやはり違うと思います。

窓の作りや開き方、空調の効きや音など、やはり年代を感じるものがあります。

中でも一番は、エレベーターです。

最初乗ったときは、衝撃でした。

とても速いのです。

7階なのですが、停まるときも急停車というか、フワッとするというか、ちょっと酔いそうというか、

アトラクション的な感じがあります。

 

その2基ある内の1基が修理中となりました。

かれこれ4ヶ月は経つでしょうか。

12月には停まっていたと思います。

 

そしてこの度、そのエレベーターが取り替え工程と新しいエレベーターのスペックがでました。

速度:210m/min105m/min(一般的な速度)

今まで、普通のエレベーターの倍の速度だったんですね。。。

 

本社スタッフ:M

新型コロナウイルスでうんざりな毎日

毎日毎日新型コロナウイルスに関するニュースが流れるなか、最近思うことが、もし自分が感染しても仕方がないということ。
私は、1月末に自宅近くの病院で感染者が出てから、毎日手洗い等の予防と人が集まる場所への外出を控えてきた。そして、情報が十分にない時は、とにかく人と接しないようにしようと不要不急の場合以外は、自宅で時間を過ごしてきた。しかしながら、約2か月が過ぎようとしている今日この頃、これだけ感染者が出て、ニュースやSNS等の溢れる情報にうんざりしてきている。行きたかった展覧会も中止になり、見たい映画が上映されている映画館にも行けず、そして近くの図書館も閉鎖され、時折、家事以外に、多摩川沿いを散歩したり、いつも作らない料理にチャレンジしたり、録画しておいたビデオを観たり、おうちでストレッチしたり、いつも読まない新聞の記事を読んでみたりしながら、このストレスを解消している感じ。でもそれもだんだん飽きてきて、他にすることないかと今は考案中。収束日が見えないだけに、緊張感を常に持って生活し続けていくのは、精神的に辛いと感じる。特に人口が多いここ東京では。
今もこれからも、とにかく、手洗い等の予防に努めるしかない。そして普段通りの生活をしていくしかないと。もし感染しても、仕事先や自分の家族に迷惑がかかることへの恐怖感やそれに対するストレスを感じること、そして様々な我慢をやめにして、もしも感染してしまったら、自宅療養をし、高齢者や持病のある方との接触をさけ、いち早く回復するために十分な休養とバランスのとれた栄養を取ることに努めたい。来年の今ごろは、去年はコロナウイルスで毎日大変だったよねーって笑いながら振り返れることを願っている。

東京事務所 F
バッククラウンドチェックのご用命は、(株)産通までお問い合わせください

ポケットストーブのこと

コロナウイルス騒動の中、東日本大震災から9年が経ちました。

当時私が住んでいた地区では、電気、ガス、水道が止まってしまいました。

その為、地元のアウトドアショップに行き、店に残っていたポケットストーブを購入。

未だに使用せず手元にあります・・・。

 



「エスビット ポケットストーブ スタンダード」ドイツ製

長年の定番品。小型で軽量の登山、防災用の折り畳みコンロ。

収納サイズ10×7.7×2.3センチ 重量86グラム

ハイチュウのような固形燃料(4グラム)で約6分燃えます。

煙をたてず、燃えかすを残さず完全に燃え、有毒ガスの発散もないので安全らしいです。

固形燃料が無くなっても、ホームセンターで売ってる固形燃料を使えばそれは30分ほど燃えるので、炊飯が可能。

シンプルな構造で無駄がない。難点は火力が弱く安定しないこと。ガスコンロにはかないません。

できれば使いたくない、、、持っていれば安心かな。

去年の台風といい、今年のコロナウイルスといい、自宅待機が増えました・・・。

そして先日、住んでいる地域の最新ハザードマップが届きました。

見てみると、私が住んでいる地域は河川が近く浸水被害の可能性が高いと書いています。

そうなったら電気やガスは止まるかも・・・。

いったい全体、どこで暮らせば安心なんでしょう!!

今後、吟味しながら役立ちそうな防災グッズを揃えて行こうと思った次第です。

東京事務所:I

バックグラウンドチェックのご依頼は産通までお問合せください

 

新型コロナウイルス騒動の中。。。

 

 

3/2月曜日、新型コロナウイルス対策の為、小中高校が休校を開始しました。

 

小学生の登校と一緒になる朝の出勤、今週から子ども達の元気な声を聞く事ができません。

 

自宅のすぐ近くが分団の集合場所で、前のお宅のお爺様Aさんは、毎朝子ども達を送り出しています。

 

そこを通り掛かる私にも、「いってらっしゃーい‼︎^_^」と声を掛けてくださいます。

 

学校が休校となった月曜日以降お会いできないな、と思っていましたところ、Aさんはいつも通り外に出て、「いってらっしゃい!」と元気に

 

挨拶をしてくださいました。

 

挨拶と「今日は冷えますね」のほんの短いやり取りで、自分の心の中がぽっと温かくなる、そんな事に気付く今週でした。

 

皆さま新型コロナウイルスで、気分がスッキリしない毎日ですが、笑顔で乗り切っていきましょう!

 

Aさんいつもありがとう!!

 

本社スタッフ:K

 

バックグラウンドチェックのご依頼は産通までお問合せください

 

 

 

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »