« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

はな

この時期になると、「開花予測」がでます。
さくらです!
標準木が5輪開花していたら、「開花」になり、
「開花」から1週間から10日で「満開」を迎えます。
とても気持ちが華やぎます!
名古屋は本日「開花」しました!
1年の中のこの10日間程が、自分が「日本人だなぁ」ととても感じる時期です。
駅までのさくら並木、
川沿いのさくら並木、公園のさくら。
そこかしこでさくら祭りが行われます。
ここまでさくらが盛り上がるのは、
さくらが身近な場所にたくさんあり、
また小学校、中学校にもあり、
人生の節目でさくらに囲まれているからではないでしょうか。
また、来年の東京オリンピックの聖火のトーチの形が、
さくらの花の形を形どったものになったそうです。
やはり、日本のはな=さくらなのだなぁと思いました。
本社スタッフ:M

この頃の、新習慣

スマートフォンが普及し、便利な世の中になる一方で
私は祖父母と文通をしている。
お年寄りでも使いやすい携帯電話も出ているが
中々彼らにとっては難しいそうで、
以前、私からのメールに頑張って返信しようとしてくれたのだが
操作に奮闘するうち電池がなくなってしまったと嘆きの電話が入った。
また別の機会にも
「耳が遠くなって、電話で何度も相手に聞き返すことが申し訳なくなってきてね…」
と話していたことも頭の片隅にあった。
それから、祖父母にとってはひ孫にあたる私の息子が作った切り絵や塗り絵、写真を送る機会もあり
定期的な文通が始まった。
「家族みなさん風邪をひかず元気にやっていらっしゃいますか
お友達からのお便りがぐんと減った今、ポストを見るのが楽しみになりました」
と始まる手紙には
日々体力が衰えないように積極的にジムで運動していること
老人会で旅行に行き、綺麗な景色を見たこと
丁寧な字で書かれた文面にわたしは嬉しさと安心を感じる。
こちらも息子と手紙を書くことが楽しい。
生活の中で、もしスマホをなくしたらきっと私は不便で仕方がないと断言できる。
しかしこういった昔ながらの手紙も人と人とのコミュニケーションをとるうえで大切なものであると感じている。

本社スタッフ:N

リファレンス、バックグランドチェック、採用調査のお問い合わせは、株式会社産通まで!

キャッシュレス決済

最近キャッシュレス決済が話題になっている
世界的にみると、中国や韓国でもほぼ100%近くが現金での支払いではなく、クレジットカ-ドやデビットカード決済、そしてSuicaなどの電子マネー決済だ。カードではなく、携帯からQRコードを読み取って、支払いする方法もポピュラーである。小銭を持っていない場合、急いで購入した場合、便利といえば、便利かもしれない。また紙幣の偽造が横行している国では、おのずとキャッシュレス決済になるであろう。日本政府も今年10月の消費税増税に伴い、カード決済をした場合、一部の店舗で何パーセントか還元されると提案している。2020年のオリンピックを目指して、可能な限りキャッシュレス決済を広めたいらしい。ここ最近全てがオリンピック東京2020にあわせて、世界的に導入されていることをここ日本でも行いたい風潮である。
しかしながら、先日もS社とY社によるキャッシュレス決済の不手際で、不正な引落しがあったり、また入会もしていないのに、引き落としのメール通知があったり、自分の銀行口座情報が勝手に他人に利用されるとは、セキュリティーの面では、まだまだ安全とは言えないと思う。
またカード払いだと自分の財布から現金を出す作業がなくなるため、ポイント獲得等のためについつい自分の貯金を使いすぎてしまう傾向があるそうだ。この傾向は、ずっと続くと思われる。
遠い未来では、キャッシュレス決済が大半を占めていくのかもしれないが、セキュリティー対策をしっかりさせ、そして自分自身もある程度対策の知識を得てから、なじみの少ないお年寄りや地方に住む方々にも受け入れられてもらえるよう時間をかけて徐々に現金払いからキャッシュレス決済へ移行してもらいたいものだ。


バックグラウンドチェックのご用命は、(株)産通までお問い合わせください。

電波オークション

最近では動画コンテンツが増え、地上波のテレビはほとんど見なくなった。チャンネル数が少なく視聴したい番組がないからだ。しかし、今年からチャンネル数増加に向けた動きがあるかもしれない。

政府が電波オークションの導入を検討しているからだ。現状国民共有の財産である電波は一部の営利企業が格安で利用している。それを是正し、公共用電波の民間開放の拡大がされるのだ。

アメリカでは20年も前から電波オークションを実施し、チャンネル数が50以上になった。日本でも同様にテレビが復興するかもしれないが、今はまだ議論の段階である。

電波オークションとは趣旨が異なるが、10年以上前にテレビ活性化の兆しがあった。ライブドアによるフジテレビ買収である。テレビとネットの融合で活性化した可能性は高い。平成29年フジ・メディア・ホールディングスのセグメント利益を見ると放送事業の利益を都市開発事業の利益が上回る。実質不動産会社になってしまった現状をみるとあの時買収されたほうがよかったのかもしれない。

放送事業の活性化のためには「電波オークション導入」に「B‐CASカードの撤廃」、「BPO廃止」の2点を加えた、「真・3本の矢」を政府には実行していただきたい。

社員S

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »