« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

最近の転職動向

知り合いA君は、大学卒業後地元の中堅住宅会社に内定が決まり、昨年四月に入社予定だった。
しかし、単位の取得忘れが発覚して、半年卒業が延期となった。
内定先会社は、明るく気さくなA君を買って半年採用を待ち、無事昨年10月に入社した。

先日たまたまA君に会う機会があり、仕事どう?など聞いてみると。。。
「転職を考えている」との事。
「えっ?まだ半年も経ってないのに?」と聞くと、
人材紹介会社担当者から、新卒者の転職は第1段階は実績が問われない半年、次が経験をある程度積んだ3年経過後、と勧められたそうだ。
彼の転職希望の理由は、残業が多く趣味の時間と合わない、自宅から通勤が遠いなどなど。。
半年間での転職を勧められた理由や、ミスマッチングと処理するためだとか。

なるほど、売り手市場とは言うものの、短期の転職者増加理由の背景にはエージェントの存在も影響している事がわかった。


リファレンス、バックグランドチェック、採用調査のお問い合わせは、株式会社産通まで!

『思想の転向』

その昔から社会主義者や共産主義者ら俗にいう左翼から保守や国粋主義などの右翼に思想の転向をする人は山ほどいる。右翼活動家として有名な赤尾敏もそのうちだ。
転向の理由は理想を追い求める社会主義者や共産主義者、反体制論者が理想の限界感じてだとか、党派争いにやぶれて飛び出した結果など様々である。
先日、元民主党所属で、現在は無所属の細野豪志衆議院議員が自民党の二階派入りをした事が話題になり、その際にジャーナリストの池上彰が「恥を知れ!」とコメントしたとされる。この池上氏の反応に物凄く違和感を覚えました。
過去には自民党を痛烈に批判してきた人物が、自民党に転向しようとしているのだから、それなりの世間の非難や批判は覚悟の上での行動だと言えよう。それを判断するのは有権者。過去の言動に縛られ、対極に移る事が出来ず埋もれてしまうならば、体制派となり日本の未来の為に理想を実現しようとする事を恥とは思わない。
池上彰のコメント、そしてそれをクローズアップするマスコミ。違和感だらけです。


リファレンス・チェック・人事調査・バックグラウンドスクリーニングは業歴50年の株式会社産通

「肌年齢」

私は結構童顔で精神年齢も2歳児並なので実年齢よりも若く見られると自負している。しかし以前、顔認証で年齢・性別を判別するアプリを試したところ、割と実年齢に近い数値が出ていささかがっかりした覚えがある。

 さて、私は視覚障がい者のために図書等を読み上げる「音訳」というボランティア活動を行っているが、視覚障がい者が利用する機器等もとても進化している。東京都が配布する冊子や観光案内等には音声コードが印刷されており、スマホの専用アプリで読み上げてくれる。

 又、スマホで撮影した画像を認識して、そのモノの名称を言ってくれるアプリもある。色も認識し、「赤のボールペン」「黒のボールペン」と言ってれるのだ。弁当を写せば「鮭」「人参・椎茸・大根の煮物」「ゆかりご飯」などと食材を言ってくれたりする。

 ちょっと前までは色の読み上げ、点字の読み上げ等とそれぞれ機能が分かれた道具を使っていたのだが、アプリだとスマホ一台で済むので便利になったものだ。
 色を読み上げてくれる機能は私も自分の腕で試してみた。結果・・・

「くすんだ黄土色」

 黄土色はともかく、「くすんだ」って・・
「くすんだ」は必要か?くすんだは・・


東京支社U

マラソン

先日、小学校4年生の姪っ子と小学校1年生の参加するマラソンイベントがありました。
1年生から参加している姪っ子は今年も張り切って練習していたみたいですが、
初参加の甥っ子は、練習にも「行きたくな~い」。
この甥っ子は年少さんの時、運動会の踊りを、
「ぼく、踊らない」と言って、
全部覚えていて踊れるにもかかわらず、
本番でホントに踊らなかったので、
今回のマラソン、どんなことになるのか、楽しみにしていました。
が、その3日前。
「インフルエンザになったから、出られなくなった」との連絡が。。。
幸い?!姪っ子は年末にインフルエンザになっていたので、
罹ることなく、ちゃんと完走できました!
当日甥っ子は、走れそうなくらい元気になっていて、「ラッキー」と言っていたのこと。。。

来年に、期待します!

まだまだ、インフルエンザも風邪も流行っています。
皆様もどうぞお気を付けくださいませ。


本社スタッフ:M

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »