« 謎の中国人 | トップページ | 日々の生活を大切に。。 »

変なホテル

一風変わったこの名前のホテル、ご存知でしょうか。
ハウステンボスを運営するH.I.Sの澤田社長が肝いりで進められた、環境に配慮しつつリーズナブルで快適、そしてロボットの導入による楽しい仕掛けなどにより「世界一生産性の高いホテル」が『変なホテル』だ。2015年に長崎のハウステンボスの1号店オープンし、現在関東、中部、近畿、九州の全国11ホテルが稼働しており今後も国内数店舗のオープンが決まっている。当社の東京支社近くに「変なホテル浅草橋」がこの夏にオープンしたので、先日東京出張の際に宿泊してきました。噂通りにフロント受付には男女のロボットが。但し支払いは事前にクレジットカード支払いしている為、受付は画面タッチによる機械で行い、ルームカードキーが発行され、フロントのロボットは特に何するわけではなかった(ホテルロビーに飾られた水槽の魚もロボットでした)。その後、部屋に入り、あとはほぼ普通のホテルと同じ(ロボット機能を知らずに使わなかっただけなのかもしれないが)。翌朝にチェックアウトするまで従業員を目にすることは一切ありませんでした。
変なホテルの従業員数は普通のホテルの3分の1程度といわれ、人件費が大幅に削減されている。但し、宿泊費は普通のビジネスホテルと変わらないどころか若干高め。
物珍しさで宿泊してみたがリピートはどうかな・・・
IoTを活用して人件費を削減するホテル運営モデルはビジネスホテルやローコストのホテルにはこれから浸透していくもの思われます。
スーパーのレジも近い将来無人化となるでしょうし、人と接する機会が益々少なくなっていく時代になります。ひと昔前にコンビニエンスストアが普及し始めた頃、カウンター越しの支払い対応が「人情味が無い、機械的だ」なんて言われていましたが、それどころの話ではないですね。
代表
リファレンス・バックグランドチェックの株式会社産通:ISO27001認証取得の調査会社

« 謎の中国人 | トップページ | 日々の生活を大切に。。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537206/67506855

この記事へのトラックバック一覧です: 変なホテル:

« 謎の中国人 | トップページ | 日々の生活を大切に。。 »