« 変なホテル | トップページ | 平成最後 »

日々の生活を大切に。。

私はヒッポファミリークラブという多言語活動に参加しています。
活動の中には様々な国際交流プログラムがあり、その体験について聞く機会が多々あります。

先日は仲間(60歳男性)の、3ヵ月インターンシップチャレンジ談を聞きました。
行き先は世界中から人が集まる米国はボストン!
彼のホームスティホストパパは、80歳イタリア系アメリカ人男性。
そう!一人暮らしの80歳のおじいちゃん宅に、60歳初老のおじさんがホームスティに出かけたのです。
ホストパパの趣味は日本語を学ぶ事、日本の文化に触れる事。大好きな映画を毎日観る事。お散歩。
80歳だか、その暮らし振りは実にイキイキとしている。
日常の事は全て自分で、食事もささっと手作り、週に1~2回好きな日本食レストランやシーフードを友人と食べに行く。
日本語の先生が月に数回レッスンに来てくれる他、日曜日は教会にでかけ、
時事話題をテーマとした講義を受けディスカッションする。
応援するパラリンピック選手の寄付パーティには積極的出掛け、世代を超えた交流を図る。

様々な人種が暮らすボストンでの生活は基本個が中心、集団グループ社会中心の日本とは違い自ら足を運び交流しようとする文化が潜在的に有るかもしれない。
しかしながら、自分の生活の軸を大切に、率先して人と関わり交流する、好きなものを通して世代を超えた関係性を築く。大好きな事を理解し、続ける環境を作る。
美味しいものをお気に入りの場所で食べられる健康と体力、経済力を維持する等など。60歳の仲間は、彼から今後の生き方について沢山学んだと話していました。

この話を聞き、私も日々の生活、お気に入りを大切に、色んな世代の人達に耳を傾け、ボストンのホストパパの様に楽しくイキイキ歳を重ねられるよう、また仲間の様にいくつになっても新しい事に挑戦していきたいと実感しました。
そして海外インターンシッププログラムにもぜひ参加したい。

2018年も最後のブログ更新となりました。
今年一年大変お世話になりありがとうございました。
2019年も変わらぬご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。


バックグラウンドスクリーニング、採用調査のご用命は株式会社産通まで。

« 変なホテル | トップページ | 平成最後 »