« 指導のプロ | トップページ | 高齢者の運転免許書返納 »

心の親友

先日、しばらくご無沙汰していた友達から自身の誕生日メッセージと共に近況報告をしてくれました。彼女とは、大学時の親友で、大学を卒業し、それぞれの地元で就職、そしてお互い家庭を持った後でも時々連絡を取り合う仲です。大学のとき、正直それほど仲良いという感じではなかったのですが、いつも一緒にいた仲間の一人です。でも月日が流れ、会う回数も少なくなった今でもお互いの近況報告だけではなく、それぞれ日々の悩みやそれに対する考えを言い合え、そしてお互い刺激され、彼女との話が終わると何故か、心の中にある不安や不満がすーっと消えているのです。正直なところ、自分のパートナーより自分の気持ちを何の躊躇なく言える相手だと思います。でも彼女に対して、日頃の愚痴だけをきいてもらうのではなく、話をしてゆくうちに自分が見えてなかった視点から物事を考え、そして何かにつながるヒントを得ることができ、次の日からの活力を得られます。
以前はメールで、最近はSNSで連絡を取り合いますが、毎回毎回長論文といえるくらいの文章をお互い書きます。直接会って、会話が出来ないぶん、そうやって、お互いの気持ちをまとめるのです。文章を書くには、会話では決して通じないその場の雰囲気を如何に文章にしたためるか。私自身、物書きではありませんが、自分なりに伝えたい気持ちが強いので、文章を何度も何度も読み返し、その度に手直しをします。
会話では、上手に言えなかったりすることも文章だとはっきりと伝えたいことが書けるので、そう意味では、文章にするというのは、良いかもしれませんね。
皆さんも心の友がいらっしゃると思いますが、人生の中で少しでもプラスになる相手がいるというのは、幸せです。

東京スタッフF

バックグラウンドチェックのご用命は株式会社産通までお問い合わせください。

« 指導のプロ | トップページ | 高齢者の運転免許書返納 »