« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

解散総選挙2017

先ずはこれを読んでみてください。

http://bunshun.jp/articles/-/4314

解散したばかりの今が一番カオスな状態なのはわかりますが、それにしても本当に訳がわからない。

自分は政治に疎い方ではないと思っていましたが、この何がなんだかわからない状態に、不安よりも滑稽な気持ちにすらなってしまいます。

自分の国の未来が左右される大事な選挙でもあるのに、何だかこの遠くから見る傍観者感はどこから来るのでしょうか。 それだけ今の政治活動者がこちらを向いていないということなのでしょうね。しばらくは行方を見守るしかなさそうです。

 

「自分の城は自分で守れ!」 トヨタ自動車の中興の祖といわれる石田退三氏の言葉です。

このような混沌とした先行きの見えない社会であるからこそ、この言葉がの大切さを想います。

産通代表

 

身辺調査・採用調査・バックグラウンドチェック・反社チェックなら、

創業50年の信頼と実績の株式会社産通へ。

働き方改革

最近よく耳にする言葉として、政府が推奨している「働き方改革」。幅広い意味合いが含まれていますよね。例えば、労働時間の短縮、毎月最終金曜日のプレミアムフライデー、在宅勤務(ワーク)、通勤時の混雑を抑えるため時間差出勤、また働く女性をより一層活躍してもらうように企業内での意識改革、そして子育てしながら働く女性の活躍の場を増やす等。

私はもともと地方出身で、いわゆる中小企業に長年勤務していたのですが、ここ東京に移り住んでから、この「働き方改革」というものがとても身近なものに感じられます。特にテレビ等の報道で実際企業が行っていることを耳にすることが多いです。ほとんどが大企業だと思いますが、でも実行しているということ自体が、それを受け入れているということなのですよね。

例えば、ある大手コンビニチェーンでは、働き手が不足しているので、子育てしている主婦が空き時間にコンビニで働いてもらうという狙いを込めて、就職相談会を開いていました。自分が働いている時間、コンビニチェーンが提供する託児所で、子供を預けることが出来るようで、これにはびっくり。今までもごく一部の企業は、すでにそういう取り組みを行っていますが、そこまで働き手に福利厚生を与えないと人材確保は難しいと考える企業が増えてきているのです。これなら、今とても問題となっている待機児童の問題も解消されます。

以前、AI(人工知能)ロボットの普及で、失業者が増えるのではないか?という懸念があるという記事を書きましたが、実際、大手の企業でさえも、今現在、人出不足があるという事実を知り、衝撃を受けました。

時代が変われば、生活も働き方も変わるのは当然です。まだ日本はこの変化の途中であり、今後色々変わっていくのが楽しみです。もちろんプラスの方向へ行くのが好ましいですけどね。いつまでも変わらないことも大事ですが、変化を受け入れていくことも必要ではありませんか。

東京支社 社員F  

採用調査・リファレンスチェック・バックグラウンドスクリーニングの株式会社産通

ドライヴ

弟が車の免許を取得しました。

運転の練習につき合わされ、助手席で見守ることに。

 

 

 

出だしは順調。なかなかうまいじゃないかと感心すると、ノンストップで交差点を曲がる見事なコーナリングをみせてくれました。給油のためガソリンスタンドに立ち寄りましだが、給油口から1メートル離れた場所に停車。運転技術はまだまだです。まあ、寄せすぎてぶつけるよりはましかと……(私は2回ぶつけております)。どうも長島のアウトレットに行きたい様で、今回はそのための練習だったのですが、まだまだ危なっかしい。

 

 

 

それに初ドライブに長島はハードルが高い様な気も。

名古屋から長島方面へ向かう場合、国道1号線か23号線を利用していますが、事故多発地帯です。行きの1号線では車5台が絡む玉突き事故、帰りの23号線では軽自動車がガードレールに激突していました。長島周辺の堤防も柵が一切ないため初心者には敷居が高い。逆に運転技術を磨くには向いているとも言えますが(笑)。

 

 

連休に出かける方もいると思います。

ぜひ安全運転を!

本社社員S

人事調査・採用調査・バックグラウンドチェックのご用命は、株式会社 産通 まで

Skyscanner

海外によく出かける友人から、格安航空券購入はアプリ 「Skyscanner」 が便利よ! と教えてもらい、
先日国内路線のチケット入手で、さっそく利用してみました。
出発日と出発地、到着地を入力すると、航空会社や旅行代理店から航空券の情報が条件別に瞬時に集められます。
レス待ちのストレスを全く感じることなく、チケットが価格順に表示されると同時に、同じチケットでも航空会社や代理店など複数見ることができます。また、キャンペーンや各種プランなど異なる選択肢もあり。

今回は名古屋⇔盛岡間で入力してみました。航空会社は一社のみの便でしたが、価格面でのプラン別表示がズラッと並び、即決すればこの値段、時間が経過すると料金が上がる、復路便の選択により値段が下がる等々一目瞭然。
お気に入りの航空券を選択すると、直接航空会社や代理店のページに行き予約完了。支払いはカードかコンビニ決済で。

これまで各社のページを行き来して値段を比較していたのが嘘のよう!! あっという間に、世界中の航空会社1200社の航空券情報を比較して購入できて、しかもスカイスキャナーへの手数料は一切なし!!
なるほど便利、便利♫♫


これ程簡単に世界中の格安航空券を購入することが出来るようになったということは、一層世界中の人々が行き来する機会が増えるということ。

本社スタッフ:M

児童強制わいせつ罪で逮捕

お盆前に衝撃のニュースが舞い込んできました。

愛知県知立市にて小学校教員をしていた「大田智広」容疑者が逮捕された。臨時教員であった大田智広容疑者は、201611月から20172月にかけて、勤務する小学校の児童に対してわいせつ行為を行った今回の犯行だけでも衝撃的だが、なんと大田容疑者は過去に3回同じような容疑で逮捕されており、今回が4回目の逮捕だったそう。

以前は埼玉県の小学校で犯行に及んだという事だが、なぜ性犯罪者が何度も小学校教師になれたのか。本人は元々「大田知宏」という名前だったが「大田智広」に改名したとされる。それにしても本人を採用した教育委員会は「教員資格」や「前職」については確認を行わなかったのでしょうか?

性犯罪は特に再犯を犯す可能性が他の犯罪に比べて高いといわれています。

それにしても4度目の逮捕は異常です。こんな事がまかり通っていた教育委員会はこの問題を深刻に受け止めるべきであると考えます。

ネットでは「日本って小学校の教員のバックグラウンドチェックしないの???」という声も聞かれています。

アメリカでは最良の策であるかは別として性犯罪者の再犯防止(被害防止)の為のミーガン法なるものが制定されているのも事実であるのに、まだまだ日本では被害防止対策がなされていません。

このような犯罪が一般企業や私法人で発生したら一発で死活問題なのに、現場である教育委員会はのうのうとしたもんです。

自分(たち)の職場(会社)は自分で守らなければ誰も守ってくれません。

株式会社産通 代表

採用調査・バックグラウンドチェック・リファレンスチェックなら創業50年の人事専門調査会社・株式会社産通へ

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »