« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

Education verification -学歴照合確認

グローバルでの雇用、採用の動きが益々大きくなる中、Education verification-学歴照合確認の依頼が増大している。

海外において企業や組織に採用或いは、キャリア留学等をする際、大半において学歴照合確認が、採用側によって行われる。

これは応募者が申告した学歴内容(学位証明書、卒業証明書を含む)に間違いがないかを、応募者本人の同意を得て第三者が確認することをいう。

国内では大抵卒業証明書や学位証明書を提出することによって学歴事実を証明するが、海外ではその証明書に対して確認を取るという作業が行われる。採用する側におけるリスク管理の一環としてなされるものであり、国内での個人情報保護法にも抵触しない行為である。

残念ながら、国内企業、教育機関、専門組織では、未だ内部規定などにより、本人のみの請求しか応じられないというケースが多い。こうした状況はグローバルでのリクルーティングに支障をきたすことにもなりかねず、内部規定においてもグローバル化の動きに早急な対応を期待したい。

一番大切なことは、応募者が採用を希望する先に、支障なくその手順が行われることである。

人事調査・採用調査・雇用調査なら創業45年以上の信頼と実績 株式会社産通へ

東京オリンピック景気と人材難

2020年の東京オリンピック開催の経済インパクトとして、人材不足が仕切りに叫ばれている。

オリンピック景気により、新たな人材ニーズが約81万人にも及ぶとか。
そのうちでも建設業界では人材需要が35万人近くといわれている。
建設業界では団塊世代の退職、若者の建設業界離れもあって、人材不足が深刻なようだ。
人材募集をかけても、応募者が来ない、来ても書類選考すら通らない人材であったりと。
ただそこで気を付けたいのが、採用に相応しくない人材の見極め。
この時代だからこそ安全な人物の採用を心掛けてもらいたいものです。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »