« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

 バックグラウンド・スクリーニング(Background Screening)

バックグラウンド・スクリーニング(Background Screening)とは、応募者の背景調査の総称をいいます。

従業員を雇い入れる際、将来的に自社に 脅威を及ぼす可能性の高い人物の採用を防ぐため、入社応募者の経歴等申告内容について、ご本人の同意を得て合法的に照合、確認を行うものです。

当社全ての背景調査は各国のプライバシーに関する法律を厳格に順守しています。   

以下当社バックグラウンド・スクリーニングの概要です。 

◆職歴確認:役職、在籍期間、退職理由などの雇用記録を、勤務先企業人事セクションにて照合確認   
◆学歴確認:入学年月、卒業年月、学位、専攻、卒業の有無などの学歴記録を、教育機関学務証明 セクションにて照合確認

◆所在確認:登記簿、近隣評、オーナー等へ直接照合確認
◆各種職業関連資格確認:資格取得年月日・登録番号などを各発行期間にて照合確認。
◆リファレンス:応募者から指定された人物(前職の上司または同僚・所在地近隣住人)に、応募者本人の勤怠、能力、性格などについて、評価を聞きます。

こうした背景調査は、入社後の人事リスクを低減し、職場環境の安全につながります。

採用調査・雇用調査・backgroud screeing・調査会社・興信所  株式会社産通

2014ブラジルワールドカップ開催

4年に1度のワールドカップサッカー、ブラジル大会が始まりました。 日本代表選手をみると、現在では大半がヨーロッパをはじめとする海外チームに所属するいわゆる海外組である。 1980年代から90年代には極めて稀であった日本人サッカー選手の海外チーム所属も、現在では代表以外の選手も含めると相当数に上り、多くのサッカー選手が海外に活躍の場を求めているのが現状といえる。 株式会社産通では、海外業務提携先よりの日本でのキャリア(学歴や職歴)を持つ方々の確認調査受件数が年々増えており、サッカーを始めとするスポーツの世界のみならず、ビジネスの世界でも日本人や日本でキャリアを積んだ人々が海外の企業などに活躍の場を求めるケースが増えてきている事を実感しています。 株式会社産通では、外国企業や業務提携先からの日本国内における学歴・職歴等の確認調査を受け、また日本人や外国人の海外での職歴や学歴などの調査も行っております。

増える不登校児

GWを過ぎこの時期、周辺から不登校児の話をよく耳にする。 自分が希望する学校に行くことができずつまらない。イメージしていたものとちがった! 直接的な理由は、おおよそこうした外的な要因だ。

しかし、そこに至るプロセスの中で、携帯スマホでやり取りされる内容や情報が、少なからずとも彼らが心的ダメージを受ける要因となっている事が、話を聞いていくとわかってくる。 必要以上な情報を簡単に得ることが出る、自らに浴びされているわけではない誹謗中傷に心が折れるなど、 殆どは見えない相手から発せられる他愛もない言葉から。

大卒の新卒採用の離職率が、3年以内に3割、高卒は5割、社会に出てからも同様な事態が起きている。

高校生のわが子世代を見ていると、出来ないことが恥ずかしい、誰かに見られるのが恥ずかしい等、些細な失敗を恐れていることが多いことが分かる。

先日アメリカのある記者が、日本の若者は最初ら完璧を求めるケースが多い、また企業や社会も、との話をしていた。

失敗を恐れず一歩踏み出して前に進む、携帯ではなく直接人に会って話を聞き、自分と人とにしっかり向き合う、そしてそれを受け入れ見守る大人、でありたいと最近感じている。

雇用定着率向上には採用調査、人事調査。 

採用調査・人事調査・人事興信所  株式会社 産通

« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »