« 2014ブラジルワールドカップ開催 | トップページ | 個人信頼性確認制度 »

 バックグラウンド・スクリーニング(Background Screening)

バックグラウンド・スクリーニング(Background Screening)とは、応募者の背景調査の総称をいいます。

従業員を雇い入れる際、将来的に自社に 脅威を及ぼす可能性の高い人物の採用を防ぐため、入社応募者の経歴等申告内容について、ご本人の同意を得て合法的に照合、確認を行うものです。

当社全ての背景調査は各国のプライバシーに関する法律を厳格に順守しています。   

以下当社バックグラウンド・スクリーニングの概要です。 

◆職歴確認:役職、在籍期間、退職理由などの雇用記録を、勤務先企業人事セクションにて照合確認   
◆学歴確認:入学年月、卒業年月、学位、専攻、卒業の有無などの学歴記録を、教育機関学務証明 セクションにて照合確認

◆所在確認:登記簿、近隣評、オーナー等へ直接照合確認
◆各種職業関連資格確認:資格取得年月日・登録番号などを各発行期間にて照合確認。
◆リファレンス:応募者から指定された人物(前職の上司または同僚・所在地近隣住人)に、応募者本人の勤怠、能力、性格などについて、評価を聞きます。

こうした背景調査は、入社後の人事リスクを低減し、職場環境の安全につながります。

採用調査・雇用調査・backgroud screeing・調査会社・興信所  株式会社産通

« 2014ブラジルワールドカップ開催 | トップページ | 個人信頼性確認制度 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。