« みずほ銀行の不正取引問題 | トップページ | テロについて »

朱印帳

最近、寺社で参拝するだけでなく、仏像鑑賞やパワースポット巡りなど別な楽しみも兼ねて、神社仏閣を訪れる人が多くなっている。

そんな寺社を訪ねる楽しみの一つとして注目されているのが’御朱印集め’と聞いた

朱印(しゅいん)は、神社や寺院において、主に参拝者向けに押印される印章、その印影。その社寺の顔でもあり、スタンプとは違い隷書(れいしょ)体などの凝った字体を用いている。朱印をおし、そこに墨字(筆)で文字を入れてもらえる。毛筆ではなく、板字(版画)の所もある他、観音霊場などでは、お経の文句を書いてくれるところもあるそう。

参拝の記録として出来上がった朱印帳は、自分が生涯を終えたときに棺に入れてもらい、成仏するときに廻った神社仏閣のご利益を頂けるという。

先日この御朱印集めを知人に勧められたのだが、一回にお布施として500円ほど掛かる事を知り、「高い!」とセコさが先に走る自分に、まだまだ修行が足りないと思ったこの頃でした。

俗世界!?では雇用拡大の動きが高まっている。採用の際には雇用前のスクリーニングをお忘れなく。

« みずほ銀行の不正取引問題 | トップページ | テロについて »

文化・芸術」カテゴリの記事