« 個人消費が改善!? | トップページ | ビッグデータ活用 »

大学生就活皆勤繰り下げ

大学生の就職活動の解禁時期が現行の「3年生の12月」から「4年生の3月」へと3カ月繰り下げられることが決まった。
安倍晋三首相が4月19日に経団連など経済3団体に要請し、経済界が受け入れを表明したからだ。
2016年卒の学生(今の新2年生)から適用される。
これにより実質的な選考活動は現在の4月から8月に変更となり、
採用期間が短くなり、中小企業の採用の難航や、学生の卒業研究時期と重なる事などもデメリットとして挙げられている。
またそもそも、この取り決め自体が「紳士協定」である為、拘束力に乏しく、外資系企業や新興企業が協定を守るかどうかも懸念されるところだ。
はたしてどのように変化していくのだろうか?

« 個人消費が改善!? | トップページ | ビッグデータ活用 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。