« ネグリジェントハイヤリング | トップページ | オウム信者逮捕におもう »

在宅勤務

企業における雇用環境は大きく転機をむかえている。
東日本大震災後、被災地とその周辺のみならず、震災に伴う電力危機を主因に、首都圏をはじめとする多くの企業の勤務形態や労働慣習、さらには人事評価や組織のあり方までが、変化を迫られている。
在宅勤務の実施、自動車業界を中心とした節電による変則勤務体制、サマータイム制の導入、IT関連企業においては開発拠点の見直しなど、これまでの慣習を覆す動きがみられる。

震災以前から在宅勤務のインフラを整備してきた企業、特にITベンダ関連は、生産性を低下させることなく震災の影響を最低限に抑えることが出来たという。
在宅勤務のメリットは様々なものがあげられる。物理的にはガソリン代や光熱費など資源の節約、ロスタイムの軽減、これは育児や介護のサポートにも繋がる。機能と人の一極集中によるリスクの分散、各個人においては自律性が養われ効率性も上がるとされている。
一方でデメリットとしてあげられるのは、本部で働く人達とのコミュニケーション面、管理者が部下の時間管理をしにくい。狭い自宅でオフィスのような恵まれた環境は得られない。仕事とプライベートの区別がつきにくい。セキュリティ問題などが代表例。

各従業員の自由度、自律性が増すほど、やはり一番重要視されるのはお互いの信頼

« ネグリジェントハイヤリング | トップページ | オウム信者逮捕におもう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。