« Ipad がきた | トップページ | 夏の甲子園 »

最近のニュースに思う事

ここのところ、大阪での育児放棄事件や、高齢者の行方不明や所在確認が出来ないなどのニュースがよく聞かれる。

共通したキーワードとなるのが近隣関係の希薄さや無関心、そして個人情報といったところだ。

欧米的な個人主義思想の蔓延によって、町を歩けば日中なのに雨戸まで締め切った家が、極自然に見受けられるようになり、中でどんな人が何をしているかなんて知る由もなく、「そんなプライバシー(個人情報)に関わる事は知ってはいけない」と言った何か暗黙のルールみたいなものが出来上がってしまっているような気がする。

個人情報とはいったい何なのだろうか?

元々、IT社会の進化により、データ化された大量の個人に関する情報の漏洩事件などが頻繁に発生し、管理の厳重化を目的とした法律であったが、いざ法律が施行され、条文をみるとあまりにも大雑把で何をどこまで管理したらよいのかと、施行当初は皆戸惑った事が思い起こされる。

大雑把であるが故、庶民は、個人情報に関してタブー視するなど不自然な程に過度に反応してしまう状況が一般化してしまっている様に思える。

隣に住んでいる人の事を知る事が悪い事、無関心でいればトラブルや問題は起こらないといった風潮は果たしてよい事なのだろうか?

健全な社会を形成するには、周囲の目(社会の目)は必要不可欠です。そして人に関心を持ち関わりを持つ事は極めて自然なこと。

今回の大阪の事件や高齢者所在不明者のニューズを機に今一度、個人情報についての認識を考えるべきであると思います。

BY R.I

« Ipad がきた | トップページ | 夏の甲子園 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近のニュースに思う事:

« Ipad がきた | トップページ | 夏の甲子園 »