« 企業と国益 | トップページ | やぶはら高原ハーフマラソン »

民意とは

参院選が終わり、大方の予想どおり民主党が大敗した。

自民党の衰退を傍目に、意気揚々と稚拙なマニフェストを掲げた衆議院選挙で勝利し、政権与党となったはいいが、小沢問題、鳩山元首相の迷走、また非現実的なマニフェストを実現できるわけもなく、政治的無能力さを露呈し、挙句の果てに財務官僚にまんまとのせられた管首相の消費税発言によって国民は完全に愛想を尽かしてしまった結果である。

鳩山内閣から法務大臣を務めている千葉景子が今選挙にて落選した。死刑制度廃止、外国人参政権、人権侵害救済法、夫婦別姓などを推進してきた法務大臣である。

管首相は千葉景子を民間人として大臣続投させる意向を選挙翌日に発表したようだ。

選挙によって日本国民がこの大臣にNOを叩きつけた訳だが、管首相及び与党は全くそれを無視しているといえよう。

与党である民主党及び菅内閣は民意を真摯に受け止めるべきである、さもなくば衆議院解散すべきである。

R.Inoue

« 企業と国益 | トップページ | やぶはら高原ハーフマラソン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民意とは:

« 企業と国益 | トップページ | やぶはら高原ハーフマラソン »