« 民意とは | トップページ | Ipad がきた »

やぶはら高原ハーフマラソン

7月18日日曜日、長野県木祖村にて行われたマラソン大会に参加してきました。

大会当日、名古屋を朝の4時半に出発し、中央高速伊那インター経由で約3時間掛けて現地に到着。

同地は標高1000メートルを超え、冬場にはスキー場も開かれるような高原地帯で、到着した朝の7時半には、まだ涼しかったのですが日が昇るに連れて気温は上昇、週末には梅雨明け宣言も出され当日は快晴、その日の最高気温はこの地でも30度を越えると予想されていました。

このマラソン大会には今回が初参加、噂では160メートルの高低差があり地獄の坂道が延々と続く超難コースと聞かれ、それに加えこの暑さでは・・・と少々びびり気味でスタート。この大会では好タイムは残せないことはわかっているので、目標は「坂道でも歩かない事、1時間40分以内での完走」と設定。

結果は1時間39分でなんとか目標クリアしての完走。

今までにフルマラソンも含めて8大会程に参加していますが、今回が最も過酷な体験でした。延々と続く坂道、30度近い夏場のマラソン、何れも初体験でレース中にはもう二度とこの大会には参加しないぞと考えながら走っていましたが、レース後には、来年には1:35以内で走ろうなんて気持ちになっているから不思議なものです。

大会後には伊那市内で昼食を取り、車運転の為ビールはぐっと我慢して無事名古屋に到着。

夕食時まで我慢したビールの味は最高、至福の時でした。

R.Inoue

« 民意とは | トップページ | Ipad がきた »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やぶはら高原ハーフマラソン:

« 民意とは | トップページ | Ipad がきた »