« 隣国に学ぶ | トップページ | 外国語学習 »

バンクーバーオリンピックを終えて

バンクーバー2010冬季オリンピックが閉幕した。

話題のフィギュアスケート女子は前評判通りキムヨナ選手が金メダルと獲得。

銀メダルとなった浅田選手はオリンピック史上初のトリプルアクセルをショートプログラム、フリーで合計3回を決め、その難しい技に挑戦しようとする姿勢に皆が感銘をうけた。

今オリンピックでは、男子銀メダリストで4回転ジャンプに絶大な自信を誇るプルシェンコ選手の「4回転を跳ばない選手が王者になるのはおかしい」との発言が物議を醸し出した。採点基準のありかた、また開催国や開催地域でのそれに対する影響力、結果については色々な見方があるが、4年に一度のこの祭典は毎回私たちにすばらしい感動を与えてくれる。そして、この力が後に続く選手を育てる、という事だけは間違いないと思う。

今日、NEWSで日本の女子フィギュアスケート中野友加里選手の引退を知った。昨年末の全日本選手権で3位となり悲願のオリンピック出場を逃したが、何度かリンクで見かけた中野選手はいつも腰が低くこつこつ真面目に練習に取り組む姿が印象だった。可憐で花のある中野選手らしい演技、応援していた一人として「お疲れさま、ありがとう」といいたい。

« 隣国に学ぶ | トップページ | 外国語学習 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バンクーバーオリンピックを終えて:

« 隣国に学ぶ | トップページ | 外国語学習 »