オリンピック2020

 

池江璃花子選手が、東京オリンピック代表に内定しました!

おめでとうございます!!!

2年前に白血病を公表した時は、本当にびっくりしましたし、

昨年の、退院しましたという報告にもその早さに驚きましたし、

7月の新国立競技場でスピーチしているのを見たときには、色んな意味で心配になりました。

 

今回、ニュースなどで、復帰直後の練習の映像見ました。

身体は今回とは違いとても細いですし、

「飛込み台の台の上から飛び込むのが怖いから、下(プールサイドの高さ)からにする」と、

言っているを見て、今回の代表内定は奇跡だと感じます。

スピーチの「オリンピックは希望の光」という言葉を実感しました。

現状のコロナ禍で本当にオリンピックを開催してよいのか、できるのかということはありますが、

こういう姿を見ると、選手のためには開催してほしいと感じました。

個人的には、どれもチケットは当たらなかったので、TV観戦となってしまいますが。。。

 

本社スタッフ:M

 

 

花見

 

Thumbnail_img_0702

 

先日、練馬区大泉学園駅近くにある桜ロードに行ってきた。ここは、主人が学生時代に住んでいたところで、そのとき住んでたアパートも探しもかねて出かけたのだ。もう30年以上も経つのに、なんとそのアパートはまだ健在で、住んでいる方もいてビックリ。そしてなぜか隣の家はゴミ屋敷だった!その後、埼玉県新座市まで続く長い長い桜ロードをずっと歩き、満開の桜を楽しんだ。家の近くにある多摩川河川敷の桜もいいが、ここもなかなか良かった。もし行く機会がある方、来年どうぞ!

 

東京事務所 F

 

バックグラウンクのご用命は、(株)産通までお問い合わせください。

 

 

霾る

うちの中学生俳人が食卓の上にいつも歳時記を置いているので、わたしも時々めくっては季語の奥深さに感じ入っている。

何度も詠んでみようと試みるが、十七語に思いを込めるのは至難の業で、面白くともなんともないありきたりの句しか創れないでいるのだが…

先日、パラパラと見ていたら「霾る」(つちふる)という春の季語に目が留まった。中国北部で吹き上げられた黄土が季節風に吹かれて浮遊し空を黄褐色に覆いつつ徐々に落下する現象を差し、いにしえより黄砂はそう呼ばれているらしい。

ちょうど時を同じくして、黄砂が運ぶ細菌の調査をしている大学チームが能登半島上空で採取した菌で納豆を開発し近く販売を予定しているというニュースを聞いた。黄砂とともに納豆菌に似た菌が飛来しているそうで「有害とばかり考えられている黄砂が有効利用できるかもしれない」というチーム一員の准教授のコメントが面白かった。黄砂は、その他にも地球の生命支える役割もあるそうで、海洋生物のえさとなる植物プランクトンは黄砂の運んでくる鉄分を栄養に育つと知り、そちらも興味深かった。

晴れ上がった日なのにそろそろ仕舞いたい冬物や布団が干せないし、迷惑なものばかりだと思っていたが、人畜無害だし、海の恵みを運んでくれていると思うとつちふる景色も少しだけ違ったものに見えてくる。

…ときれいにまとめてみようと思ったが、でもやはり、洗車したばかりの車に積もっているのを見ると……めいわくーー!😓😓

本社Y.K.

味噌づくり

 

先日、自宅で味噌を仕込んでみた。

名古屋人の私は、もちろん赤味噌派。

味噌づくりは数回の経験はあるものの、ワンオペは初めて。仕込むに当たって、赤味噌の定義や原料についてググってみた。

 

 

「赤味噌」とは、見た目が赤っぽい(濃い)色をした味噌全般を指す言葉らしく、原料・製法が所以では無く、シンプルに見た目の色が赤っぽい(濃い)色をした味噌を指す総称とのこと。

なるほど、私が愛する❤️「赤みそ」=東海地方特有の「豆みそ」である事が分かった。

 

豆みそは、本来豆麹のみで仕込むが、今回は米麹と豆麹半々で調整してみた。

大豆を茹でて、ミキサーにかけペースト状に、塩と麹を混ぜ味噌玉を作り、容器に入れたらあとは寝かすのみ。

コロナ禍のステイホームで、今年は味噌づくりに挑戦する人が増えているそう、来年の今頃には無事美味しい「赤味噌」が出来ているといいなあ。


 

バックグランドチェックのご用命は株式会社産通までお問合せください。

地面師。

20210326_172635984

たまには読書を。図書館で借りました。

みた感じホラー本?と思ってしまう一冊ですが、「他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団 地面師」について書かれています。

2017年に積水ハウスが騙されて約55億円の被害に遭い、購入代金の回収が困難になり、被害相当額を特別損失で計上・・・。

そういえばそんな事件があったかもしれない・・・。まだ最近の事ですよね。

地面師たちは昔からいたようです。以下wiki

「日本では、第二次世界大戦後間もない頃に被害が多発した。背景として、都市部の登記所(法務局)を含む役所が被災して書類が焼失し、また社会情勢や役所内の混乱もあり、不動産登記や証明が確実に行えないことがあった。1980年代後半から1990年代初期にかけてのバブル時代には、土地の価格が高騰し、大きな利益が得られたことから増加した。その後は沈静化し、登記簿や印鑑証明など権利関係の移転に必須な、書類の電子化が進み、他人へのなりすましはより困難になってきている。

2010年代半ば頃より、主に東京都内において、東京オリンピック開催を機に地価が上昇し、管理の行き届かない土地や所有者側の事情で表面化しにくい土地を中心に、地面師による被害が発生している。」

地面師たちは不動産業界に詳しいプロ集団で、チームを組んで活動します。そしてプロの方々をコロリと騙してしまう。

警察も追っていますが、なかなか尻尾を捕まえられないのが現状のようです。

休眠会社を買い取って社名を変え銀行口座を作ったり、パスポート偽造、契約書偽造他いろいろ、主犯格は名前を変える等。

地主が不審死をするケースも有り、やっぱりホラーな感じ。本自体はテンポ良い文章でとても読みやすいです。

謎が謎を呼ぶ事件満載でおススメです!

東京事務所 I

バックグランドチェックのご用命は株式会社産通までお問合せください。

「ウルトラトレイルマラソン」

昨年暮れの12月28日に仕事納めとなり、その足で新幹線に乗り京都に向かった。

翌日の12月29日から30日にかけてウルトラトレイルマラソンに参加する為だ。

京都の周りをぐるっと135km走るトレイルマラソン。

28日の朝8時に出町柳をスタートし京都一周トレイルの東山コースに入り先ずは比叡山に上り、

そこから京都一周トレイルの東山、北山、西山を走り、比叡山から嵐山へ約60km。

嵐山から唐と唐櫃越ルートで亀岡市に入り、そこから南下し大阪府との境となるポンポン山、

天王山を越えて山崎へ。山崎からは宇治川沿いを走り伏見へ。

伏見からは再度京都一周トレイル東山コースに入り、伏見稲荷の千本鳥居などを走り抜け、

最後は蹴上から大文字山をピークハントし出町柳方面に下山しゴール!

12月にしては比較的暖かかったのが幸いしましたが、山崎から大文字山まではざざぶりの雨!

トレイルはぐちゃぐちゃで泥んこでしたが、ペースを抑えて走ったせいか辛いと感じたことは殆どなく、

終始よい緊張感を持って楽しく走る事ができました。

トレイルマラソンは距離だけではなく累積標高(上った標高の合計)や気候でレースの難易度が決められますが、

今回のコースは距離135キロで累積標高は約5300m。画像が走ったルートです。電池切れで大文字山付近で終わってますが。

日本国内で最も有名なUTMF(ウルトラトレイル・マウントフジ)は富士山の周りを164km走り累積標高は約7500m。

世界で最も有名なUTMB(ウルトラトレイル・デュ・モンブラン)はその名の通りモンブラン周辺を171km走り累積標高は約10000m。

いつかこの二つのレースにもチャレンジしてみたいです。

代表

Photo_20210305174301

バックグラウンドチェックなら創業50年の信頼と実績:株式会社産通

健康診断~Uの場合

奇しくも本社Mさんと同じ日に私も健康診断に行ってきた。

いつも問題は二つ。酒飲みなのでまずは肝機能。そしてあと一つは高血圧。

しかし高血圧にも理由があるのだ。

私は注射が嫌いだ。なので採血もとても嫌いだ。先端恐怖症ではないが、泣きたくなるほど嫌なのだ。

その採血をする健康診断の場で血圧が高くなるのは仕方ないではないか。

今回も案の定、最初の機械での血圧測定では209/110!二回目でも192なので、その結果を持っていった。

採血の前に看護師さんが手動で図ってくれて170まで落ちたので、まあ無事に一番好きなバリウム検査を受けることができた。

バリウムは血圧180以上あると受けられないのだ。

そう、私は検診の中でバリウム検査が一番好きだ。

看護師さんにも言ったら「あら、変わっているわね」と言われた。大抵の人に言われる。

バリウムを飲んだ後、ぐるぐる動くのがアトラクションのようで楽しいのだが、

今回ははしゃぎすぎてぐるぐる回った時に勢い余って腕を検査台に打ち付けてしまった。

今もアザは残っている。。。

東京支社 U

バックグラウンドチェック、採用調査のご用命は株式会社産通まで

 

古民家カフェで思ったこと

私の住む町では東京から来る客も多く、最近は農家などを改造した<古民家>系のカフェ・レストランが増えています。

どの店もモダンでお洒落・素敵・・ですが。

最近行った3軒は、

〇カレー屋さん→なんと! ナンがない!!

〇ラーメン屋さん→凝り過ぎていて時間がかかり ぬるい!!

〇イタリア系レストラン→ワンプレートにいろいろ載っていて、肝心のご飯が茶碗一杯分もない!!

 

どの店も、かっこいい若者が経営していて内装のセンスもいいしとってもステキ!!味もまぁまぁ。

でもね・・・恰好から入るのもいいけれど、もうちょっと・・・

カレーは 「ナンとラッシー」、ラーメンは「熱々」、イタリアンは「ボリューム」と、おばさんは思いました。

1年後に、何軒が残っているのでしょうか・・・

 

東京スタッフ Ig

 

バックグランドチェック、リファレンスチェックのお問合せは、株式会社産通まで

健康診断

毎年健康診断は10月~12月を目途に受けていました。

今年度は先日予約をして今月2月の受診となりました。

とりあえず、年度内の予約が取れてほっとしました。

 

去年度の健診の結果を受け、行こうと思っていた病院を行っておらず、

緊急じゃないからと、通っていた病院も行かずとなっていました。

コロナ禍で、なんとなく病院が遠のいていたことを感じます。

 

しかし実際は、コロナ禍を理由に「面倒くさい」が勝っていた気もします。。。

 

特にコロナ禍において、健康なこと、予防・維持することはとても大事だと思います。

面倒くさいとコロナ禍を言い訳にせず、しっかり予防とメンテナンスをしようと思いました。

 

 

本社スタッフ:M

我が家のテレワーク生活

先月再び緊急事態宣言が発令され、我が家でも先月からテレワークを始まった。私は、一回目の宣言時にもテレワークを行ったのだが、主人はずっと出社したまま。しかし、ついにテレワークが始まったのである。今までは、テレワークをすると自宅で疎外感を感じるとか、事務所での仕事のほうがはかどる等で、上司に出社し続けたいと訴え続けていたが、出勤者をより減らすためにもテレワークを強く推奨されたようだ。ということで、私が仕事の日は、二人同じ屋根の下で別々の部屋ではあるが、仕事をし始めた。私は常日頃主人から仕事の愚痴等を聞かされていたので、多少仕事のことは知っていたわけだが、実際間近でいつもの仕事ぶりをみれて、なんだか面白い。意外にも独り言が多いし、電話相手に怒っているなぁと思いながらも、突然歌を歌い始めたり。日ごろ見ることのない姿が見られる。でも私も仕事をしながら、ブツブツ独り言は言うし、舌打ちもするし、そして機嫌も悪くなることも多々あり、結局私と一緒だなと。

しかしながら、世間一般に言われるような夫が在宅勤務になり、居心地が悪いというのは、今現在私はあまり感じないが、長く続くとそうなるのかもしれない。ただ、朝はゆっくり目覚め、そして夫の帰りを夜遅くまで待つことがなくなったので、そういうストレスは減ったような気がする。

この状態がいつまでも長く続くわけでもないので、今をとりあえず何事もなく過ぎていくの願うばかりだ。これからは、いつも通りの出勤とテレワークの併用が普通の世の中になっていくのだろう。

 

東京事務所 F

 

«我が家の庭