自転車のこと

  先日、幕張メッセで開催された自転車の催しに行ってきました。

巷でよくみかける素敵な自転車・・・。ロードバイク、クロスバイク、ママチャリなど様々あります。
何か1台欲しいなと常々考えておりました。

いまは「E-スポーツバイク」という自転車が流行っているそうです。
電動アシスト付きのスポーツ自転車で初心者や体力のない人でもたくさん距離を移動できるそうです。

E-スポーツバイクは日本ではここ数年見られるようになりましたが、世界的な規模で人気が拡大しています。

価格は20万、30万、それ以上になるようです。

お値段をみて、昔、中古の軽トラックを20万ぐらいで買った記憶があるなと思い出しました。

会場ではたくさんの自転車パーツが展示されていました。きれいな色や形で見入ってしまいました。

試乗車も多く、会場に作られたコースをたくさんの人が走っていました。

自転車は身長によってフレームの大きさが変わります。素敵な自転車はあったけれど、

そもそも私が乗って地面に足がつくのだろうか??たぶんつかない。身長が低いと乗れるモデルは限られます。

楽しく乗れて、手も届いて足も届くようなものを買わねばと思いました。

よい気分転換になりました。

東京スタッフ I

採用調査・バックグラウンドスクリーニングのご用命は、株式会社産通までお問合せください


焼き芋会

先日、焼き芋会に一家で参加してきました。
とある保育園の園庭で、ボランティアの方々がサツマイモを焼いてくれます。
我が家の参加は3年目。最初の年は息子と二人で一本でしたが、今年はみんな仲良く一本ずつ。
毎年とっても美味しいサツマイモを用意してくださり、参加者みんなニコニコです。
焼き芋が焼けるまでの間にはマシュマロも焼いてくださり、息子は美味しくてパクパク。私の分まで食べてしまいました。

来年も参加したいところですが、この焼き芋会は地域の子育てサロンが主宰しており、来年度は息子が対象年齢を超えてしまうので今年が最後になります。
ボランティアの方々が前もっていろいろ準備をしてくださり、当日の後片付けまでやっていただいて参加させていただく身としては感謝の気持ちでいっぱいです。

お世話になった係の方に息子とお礼とこれまでの感謝の気持ちを伝えてから帰途につきました。

私も息子に手がかからなくなる頃には、そういったボランティアに参加できたら…と思っています。 

 


本社スタッフ:H

 

 

運だめし3!

さて、東京オリンピックの第二次抽選販売の真っ最中です。

まだ詳細が決まっていないマラソンなどは抽選の対象外ですが、

来週26日までの申込みとなっています。

わたしは結局、前回の追加抽選には、結局申込みは見送りました。。。

わたしが見たいものが対象外でした。

せっかくなので、見たいものが、観たいです!

今回は前回と同じ、日程と競技にしました。

今回は「第一希望と第二希望のどちらかのみ当選」ということです。

前回の記憶が定かでないですか、第三希望までは選べた気がしますし、

なんだか当選する数が減っている気がします。。。

どちらにしても、今回も狭き門な気がします。

最近、当たらないと思っていた抽選に思いがけず当たったので、

運は使い果たした気がしながら、今回も、運だめし、します!

 

本社スタッフ:M 

 

台風

今年は、9月、10月と関東地方を襲う猛烈な台風があった。毎年台風はやって来るが、今年は過去のものとは比較にならないほど、自分自身、身の危険を感じるものであった。
9月は、交通機関の計画停電等もあり、台風そのものの被害というより、それに伴う生活上の支障である。台風が去った次の日は、出社しなければならなかったので、朝からテレビ等で状況を確認しつつ、でも電車が動いていなかったので、一時家で待機していたのだが、動き始めるとテレビで確認し、駅へ向かったが、実際は、まだ線路等の確認作業で電車は止まったまま。人々が駅に押しかけて、今まで見たことのないほどの人だかりであった。隣接するデパートやスーパーも開店時間を遅らせていたので、待機する場所が限られている。ようやく電車が発車するということで、ホームが解放された。幸い始発の電車に乗れたので、座ることが出来たが、それでも満員電車のまま出発。東京駅近くになるとだいぶ人の数も減ったが、私が会社に着くころは、もう昼間でドッと疲れが出て、東京では、出勤するだけでも大変だと実感したものだ。
10月の台風は、雨風がひどく、前日より降り続いた雨により、自宅近くの多摩川はもう少しで氾濫してもおかしくないほどの水位まで達していた。夜8時半から約1時間ほど、強風だったため、家の窓もガタガタ音がして揺れていた。ダンボールを窓に貼ってみたが、割れてしまうのではないか?と思うくらい恐怖を感じたものだ。自宅は、アパートの4階なので、浸水する被害は少ないだろうと思い、部屋で台風が去るのをじっと待つしかなかった。翌朝、多摩川へ状況を見に行ったが、多くの人だかり。テレビで放送していた通り、川の土手に土砂が流れ込み、そちらへ行くことは危険だった。台風が去って2週間後、自転車で多摩川沿いを走り、そして武蔵小杉駅方面へ行ってみたが、状況は、あまり変わらず。多摩川の川崎側沿いは、大田区側と比較するとあまり整備されておらず、どちらかといえば、川がとても近くに感じた。川近くの住宅はやはり浸水した様子で、道路は埃まみれ、家電も使えなくなったようで、家の外に放置され、そのまま廃棄される様子であった。途中あった飲料水の自販機では、浸水した跡がつき、かなり高い位置まで水が流れてきたことを察することが出来た。スーパーでは、台風が来る数日前から食料の買いだめが続き、陳列棚は、売り切れになっている状態が、台風が去った後でも食料不足がしばらく続いた。
あれから1か月が経過したが、この地区以外でも今だに被害に遭われて避難されている方、また自宅の全壊/半壊等の被害に遭われた方々が多くいる。一刻も早くいつも通りの生活に戻れることを願っている。

 

東京事務所 F

 

バックグラウンドチェックのご用命は、(株)産通までお問い合わせください。

マインドを変える!

いつもお世話になっている美容院の経営者とのある日の話。
彼は3店舗の美容院経営の傍ら、自らもヘアメイクアーティストとしても活躍している。

経営者「東京に出張に行って知り合いと話をしていると、とにかくマインドを変えなくちゃって最近思うんです」
私「どういうこと?」
経営者「東京では、20代そこそこの女の子がネットでニコニコ笑って毎日投稿するだけで、月収500万円稼いでいるんですよ。
しかも彼女たちは、今が最終地点と思っているわけではなく、その先を見据えて、資格取得なんかの勉強もして、将来○○になりたいと、着実に人生プランを設計しているんですよ」
私「うん。うん」
経営者「僕なんか、毎日何時間も働いて稼げるお金は限界があるわけですよ。従業員もいるし。」
私「うん。何が違うんだろう?」
経営者「ネットが仕事の仕方や、稼ぎ方を変えた!ってことですよ。」
「自作自演、自分でプロデュースして、広告宣伝もいらないから
ダイレクトに収入に結びつく時代なんですよ。今僕が経営する美容院のお客様を増やそうとするなら、料金プランや新しいサービス、宣伝や色々計画して
それなりにお金もつぎ込まなくてはならないけど、そうではない方法もあるってことなんですよ!」
私「なるほど、私も一度マインドを変えて、自分や自分の仕事で実践できる事を考えてみるよ」

ITやAIの進歩により、これまで当たり前の手順としてに行ってきたことが、大きく変遷を遂げようとしている。
営業の仕掛け方、日常ではキャッシュレス化もそうである。
努めて『マインドを変えなくては』と思うこの頃である。

名古屋本社スタッフ:K

 

採用調査・バックグラウンドスクリーニングのご用命は、株式会社産通までお問合せください

 

スポーツの秋

スポーツの秋というように、先月からスポーツイベントが目白押しである。

陸上、バレー、体操、プロ野球クライマックスシーズン、サッカーワールドカップアジア予選、そしてなにより盛り上がりを見せているのはラグビーワールドカップだろう。

私もラグビーはそれまでニュージーランドのハカ位しか興味がなかったが、ワールドカップ前から色々な番組でラグビーが取り上げられていたため、試合のルールも分かり、すんなりと試合観戦に入りこめた。

日本戦だけでなく、他の国の対戦も非常に面白く観戦している。

ラグビーの本場にならい、私もビール片手に楽しい時間を過ごしている。

先日の日本対スコットランド戦はハラハラしながらもワー、キャー言いながら観戦し、ノーサイドの瞬間は感激したものだ。

1995年開催の南アフリカ大会では、日本はニュージーランドに17145で歴史的大敗を喫していたのに、いつの間にこんなに強くなっていたんだ!と思う。

今週末の南アフリカ戦にも期待がかかる。我が家のビールも補充しておかなくては・・

採用調査、バックグランドスクリーニングのご用命は、株式会社産通までお問合せください

東京支社:U

サツマイモ

朝晩は肌寒くなり、日中は爽やかで気持ちのいい、秋を感じるようになりました。
義理の父が畑で色々な野菜を作っていて旬の美味しい野菜をいつも頂きます。
今の時期は、サツマイモです。
子供たちと畑でサツマイモ掘りをさせてもらいました。
土を掘ると、大小のサツマイモと一緒にミミズも出てきます。
ミミズが出てくるたびに娘の悲鳴が響き渡ります。
サツマイモ畑の一部しか収穫してませんが、20本ぐらいのサツマイモが採れました。
サツマイモご飯、大学芋、鬼まんじゅう、食欲の秋を楽しみたいです。
本社スタッフ MS

秋になると思うこと

秋になりプロ野球の今シーズンのペナントレースが終わりました。

我が家は野球好きの家族がいるので、野球の話題に花が咲くことが多いです。

今年は家族の贔屓チームが見事にペナントレースを制したので、優勝の瞬間は大喜びでした。
クライマックスシリーズを是非勝ち抜いて、日本シリーズも突破してほしいものです。

でも10月に入ったと思ったら、すぐにスポーツ新聞やテレビのスポーツニュースでは来年度の契約の話を報じています。

まだまだこれから、と思っていた若い選手が戦力外通告を受けているのをみると胸が苦しくなってしまうのは、私が勝手に選手の母のような気持ちになってしまうからなのでしょうか?

もし自分の子供が戦力外通告をされた選手の立場だったら…
自分の夢をとことん追いかけてほしい気持ち、第二の人生を早く見つけてほしい気持ち、どっちの気持ちになるのかな?なんて思ってしまいます。

まだまだ我が家のチビッ子には先の話ではありますが、将来どんな道に進むとしても、あまり手や口を出しすぎずに見守ってあげられるようにしたいです。


本社スタッフ:H

花展の楽しみ方

先日、花展がありました。

花展6日間の内、わたしの出瓶期間は2日間。

出瓶期間中は、来てくれた友人たちに会場内を案内したり、ランチやお茶をしたりします。

その中で、習い事の友人と、学生時代の友人と、以前の同僚の3人が、たまたま一緒の時間に来てくれました。

このばらばらに見える3人、実は6~7年前に一緒にご飯を食べたことがある仲。

時折それぞれから「そういえば、どうしてる?」と聞かれることがあったので、みんなでびっくり!!

とても嬉しい偶然が重なりました。

その後、ひとりは予定あったので残念でしたが、残り3人で久しぶりにゆっくりお茶をしました。

 

もちろん、作品を楽しんでもらうのが花展の目的ですが、こういう出会いも花展の楽しみだと感じ、新たな出瓶意欲になりました。

 

本社スタッフ:M

今夏の高校野球

先月、人生初めて夏の高校野球選手権を観戦するために甲子園球場へ行った。というのも、出身地である石川県の星稜高校が、決勝戦まで残ったからだ。
主人が大の高校野球のファンで、毎年高校野球の雑誌まで購入して楽しんでおり、今年は星稜高校がいいところまで進むと試合が始まる前から公言していた。8月は、ほぼ星稜の試合をテレビの前で応援し、準々決勝の智弁和歌山と対戦した際は、冷や冷やしながら延長戦をみていた。この試合で星稜高校が勝利したとき、「次の準決勝ではきっと勝つから、甲子園に決勝戦を行こう」と主人に誘われたが、当初「暑いし、熱中症になったらどうしよう」と内心かなり消極的であった。しかしながら、準決勝で勝ったとき、「たぶん残りの人生で決勝戦を甲子園球場でみることなんてないかもしれない」と思い、行くことに決めた。
決勝戦当日、私は試合が始まる数分前に到着し席に着いた。前日から主人の甥っ子が夜通し並んで席を取ってくれたのだ。本当に有難い!しかも席がなんと星稜のベンチ裏すぐ近くで、監督や選手の顔・姿を見ながら観戦できた。
ピッチャーの奥川君の投げる姿を間近で見られて、本当に嬉しかった。あの投球速度150km/hは、みていて惚れ惚れするものであり、三振を取ったときのあの爽快感や、本人がガッツポーズを取る姿もその場にいれば同感できる。
途中、ホームランを打たれ、また相手の履正社高校に点を取られる場面をみて、きっと疲労感が溜まっているのだろうなーと思いながらも最後まで思い切り投げた場面を近くでみられたことが何よりも嬉しく、そして今回来たかいがあったと思わざるをえない。
結果、優勝には届かなかったが、私にとって今年の夏、最高の思い出となった。

 

東京事務所 F

 

ックグラウンドチェックのご用命は、(株)産通までお問い合わせください

«約20年ぶりの電話